メルカリは、今や一番売れるフリマアプリと言ってよいでしょう。 売れる商品をもっていても、メルカリの使い方ひとつで売り上げは大きく変わっていくことでしょう。 メルカリを上手く使えなければ、売れる商品を仕入れる意味がありません。 そこで今回は、転売で月30万稼ぐ私が実践していることを紹介していきます。 このブログを読み、転売初心者の方が今より多くメルカリで売ることができるようになればなと思います。


メルカリで稼ぐコツ

メルカリで売れる時期

まずは、メルカリで売れる時期を説明します。
売れる時期は、1年のうち何月か、1か月のうち何日頃かの二つから説明します。

1年のうち、7月と12~1月が特に売れる。

まず1年のうちに何月が売れやすいかです。
これは簡単な話で、日本の会社に勤めている社会人がボーナスをもらう月に売れます。

日本の会社は、だいたい7月と12月にボーナスを与えてくれます。
社会人はボーナスにより、毎月の給料に加え使えるお金が増えるので、ボーナスがもらえる月は売れやすくなります。

それに加え12~1月は、クリスマスプレゼントやお年玉などで更に財布の紐が緩くなっています。
12~1月は普段より多めに仕入れて良いかと思います。

毎月給料日直後は売れやすい。


また、毎月給料日直後は売れやすいです。日本の会社の給料日は25日が一番多いので、25日の直後は、出品を怠らないようにしましょう。

また、値下げするなら25日以降にしましょう。
「給料日になったらこの商品を買おう。」と考えている方もいるので、25日になっても売れない場合に値下げをしましょう。

売れる商品名の書き方

メルカリで、売れる商品名の書き方を説明します。
商品名は、ブランド名、商品の状態、関連ワードをしっかり書きましょう。
商品名も、できるだけ一目でわかる商品名を作りましょう。

また、制限文字数をフルで書きましょう。メルカリは40文字まで商品名を書けるので、36~40文字は書きましょう。

載せる写真について

1枚目に一目でわかる写真を使う。

一目で何かわかる写真をメインの1枚目の画像に使いましょう。
これはかなり大事なことです。
メルカリに出品されている商品は数えきれないほどあります。

なので、他の商品に比べ目にとまりやすい写真を使い、一目で買おうを思わせることが大事です。

同じ商品でも、一目で何の商品かわかる写真を使ったほうが確実に売れやすいです。

メルカリは、出品ページで1枚目に選択する写真が、検索するときメイン画像として使われるので、1枚目に一目見て何かわかる写真を使っていれば、その商品ページのアクセスは伸びるでしょう。


写真にテキストを加える。


一目でなにかわかる写真は、わかりやすく商品全体の写真を撮ることは当たり前ですが、写真にテキストを加えることが重要です。

私はアパレル転売をしていますが、服全体の写真を載せたところで、一目でサイズがわかるわけありません。とはいえ、サイズが書いてある部分の写真を1枚目に載せたら、商品全体がわかりません。

そこで、写真にテキストを加えるのです。

の例えばサイズがMサイズであれば、商品の全体の写真に、"サイズM"とか付けてあげてください。
そうすることで、"どの服のMサイズだ"ということが一目でわかるので、売れやすくなります。
同じものを出品している競合者がいたら、このように一目でわかる写真を使い、競合者を出し抜きましょう。

たまには再出品

たまには再出品しましょう。
メルカリは、基本出品してすぐの新しい順に商品が並びます。なので、出品して一か月も放置してしまうと、下のほうに埋まってしまい、見つかりづらくなります。

検索してトップのほうに載っていたほうが良いので、再出品はしたほうが良いです。

ただ、"たまに"というところが重要です。
あまり頻繁に再出品をしてしまうと、メルカリ側から業者認定やBOTを使っていると思われてしまうので、気を付けましょう。



値下げすることを前提とした値段設定

メルカリは、値下げを希望する方がとても多いです。
もはや、購入する前に8割の方は値下げしてくるように思います。
そして、値下げしないと購入されないことがよくあります。
なので、出品時には実際に売りたい金額より高めに設定をし、値下げ交渉をされたら値下げして商品を売りましょう。
その方が、購入者も買ってくれやすくなります。

発送はできれば1~2日以内に設定

みなさんご存じの通り、日本の会社の発送は、とても速いです。
特にamazonはお急ぎ便指定すれば、次の日には、更には当日中に荷物を家まで届けてくれます。
日本人は、即発送されることを当たり前に思っているのか、購入後1~2日以内に発送の商品をよく買います。
荷物の配達はすぐ届くものだと思っているので、私たち売る側も購入者が求めている配送の速さにこたえましょう。

だいたい、売れた次の日に発送するくらいが良いです。

1~2日以内で発送という設定にして商品を出品しましょう。

コメントで周知する

aまた、コメントにて周知をしましょう。
メルカリは、いいねした商品ページにコメントがついたり、いいねがきたり、値下げされたりすると、いいねしたユーザーへ通知が飛びます。
なので、通知を飛ばして、いいねした商品があることをリマインドしましょう。

メルカリを使いこなしましょう。

メルカリを制すれば転売を制すると私は思っています。それくらいメルカリはたくさん売れます。

上記の方法をしっかり読み、メルカリでたくさん利益を取りましょう。

メルカリ関連の記事は他にもあるので、是非読んでみてください。(こちら)